スピーディーに進めるには

仕事を進めるポイント

「段取り八分」という言葉は良く耳にしますが、仕事をする上での段取りは非常に重要です。
会議でも営業でも、準備をしていないと仕事になりません。
段取りをしていく中で、疑問点などをクリアにしておく必要もあるでしょう。
また、優先順位も間違えてはいけません。
上司やお客様が何を求めているのか、相手の気持ちに立って優先順位を考えるといいかもしれません。
ミスがあった時も「気を付けよう」で終わってはいけないのです。
「次は間違えないように工夫しよう」と考え、一歩先を行った「気を付ける」を身に着けるようにしましょう。
常に効率的な仕事の進め方を考え、模索していく気持ちが大切です。
仕事に対する正解を完璧に求めず、限られた時間の中で進めなければならないのです。

頭の切り替え上手になろう

仕事上でミスをしても、いつまでもクヨクヨしている訳にはいきません。
頭を切り替えて、次へ進めなければならないのです。
頭の切り替えが上手な知り合いが「仕事仲間は9時~17時の付き合いだ」と言っていたことがあります。
人間関係や周りの環境が業務に支障をきたす場合もあるでしょうが、そのような人も世の中には必要なんだと割り切って進めていきましょう。
どうしても受け入れられない同僚や上司がいたら、自分はそうなってはいけないんだと教えられているのかもしれません。
時には開き直って、楽天的に考えるのもいいと思います。
ミスがミスを呼ばないためにも、頭の切り替え上手になることは効率的な仕事をするために必要不可欠と言えるのです。



このコラムをシェアする